スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓1日1回クリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

落雷からPCを守る方法 

今日から新しいカテゴリ「ニュース」を追加しました!主にPC関連のニュースを、ちょこっと見やすいように編集しては面倒なので引っ張ってきてそのまま貼り付けて記事を書いていこうと思っています。(そのまま貼り付けは冗談ですw)

では1回目は、PCを落雷から守る方法です。(だいぶ前ですが、windows1000%の管理人さんがブログの記事を書いていたところ停電でPCが落ちて大変なことになったそうです。)




【以下記事本文】

ピカッ! ゴロゴロ…あれ、また? この夏、やたらと鳴っていた雷。気象庁によると、東京都では7月の雷観測日が7日を数え、ここ50年で最多。8月には11日(平年の4倍以上)も観測されました。まぁ、いくらピカゴロ鳴っても、屋内にいる限りは安全ですけどね…。

「いえ、落雷による間接的被害も見逃せません。先日(9月7日)も、落雷の電気ノイズで地震計が誤作動し、名古屋市の地下鉄が全線で止まる騒ぎがありました。雷の電圧は約1億ボルトで、家庭で使う電圧の約100万倍。落雷で生じた過電圧が屋内に流れ込んだら、パソコンに被害を及ぼすこともありますよ」

そう警告するのは、ITコンサルタントの水谷哲也さん。水谷さんによると、落雷で生じる過剰な電圧・電流は「雷サージ」と呼ばれ、電力線やADSLなどの通信線、テレビのアンテナなどを伝って屋内に侵入する。この雷サージが直撃したら、テレビや冷蔵庫、パソコンや DVDプレーヤーがクラッシュする危険もあるそうだ。

さらに、送電線に落雷した場合、瞬間的な電圧の低下や停電状態(瞬電、瞬低)でパソコンがダウン。作業中のデータが飛んでしまうことも…。

「雷が鳴ったらパソコンの電源を落とす。これが最大の防御法ですね。電源がオフでも電流は進入しますから、必ずコンセントからプラグを抜くこと。対策アイテムとしては、雷サージの過電圧を吸収する専用タップがおすすめ。数千円程度で購入できますよ」(同)

企業の雷対策は着々と進行しており、通信回線用の雷ガード設置、瞬低(落雷で瞬間的に電圧が低下すること)から電子機器の被害を防ぐ「UPS(無停電電源装置)」の導入は当たり前になってきているそうだ。

「企業でサーバーを導入する際は、UPSをセットにして見積もりを出すのが通常ですね。このUPS、停電の際はバッテリーから電気を供給してくれます。個人でノートパソコンを使っている場合はバッテリーが瞬低対策になります。デスクトップを使っている場合は、余裕があったらUPSを導入して、“もしも”に備えましょう」(同)

温暖化による異常気象で今後も落雷は増加していきそう。でも、ゴロゴロ鳴ったからといってパソコンを落としてばかりいては仕事になりませんね。対策アイテムで、雷様の猛威をしっかり防ぎましょう!


元記事
R25  
PCや家電をどう守ったらいい? IT版雷対策を教えて!




ということで、ちょこっと編集とは言いましたが、さすが人気雑誌の記事だけあってカットするところが余りありませんでした^^;
だいぶ前に働きマンというマンガとドラマを見たのですが、雑誌の記事を書くのって何か難しいみたいです。。。管理人には当然そんな才能はないです(´∀`)

↓1日1回クリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2008/09/24 21:00 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
人気ページランキング
カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ham

ただの暇人です・・・。
PC関連の記事を書いてます。
更新は不定期です。

初めて訪れた方や、相互リンク希望の方は当ブログについてをご覧ください。

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。