スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓1日1回クリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Windows上で仮想マシンを動かす「VMware Player」 

【VMware Player】

イメージ434

VMware PlayerはPC上で仮想マシンを動かし、他のOSやアプリケーション等を起動することができるソフトです。メインOSで何かを試したい時などにVMware Playerを使えば、メインOSに危害を加えず仮想OS上でそれらの動作チェックをしたりできます。

対応OS Windows/Linux

ダウンロードサイト
http://www.vmware.com/jp/products/player/

今回はLinux OSのUbuntuを仮想マシン上で起動させてみました。
イメージ427

【使い方】
上記のダウンロードサイトからVMware Player本体をダウンロードしてPCにインストールします。
インストールが完了したらUbuntu本体をダウンロードします。UbuntuはこちらのサイトにVMware用のUbuntuがあるのでそれをダウンロード&解凍します。

次にVMware Playerを起動します。すると以下の画面が現れるので「開く」をクリックして先ほど用意したUbuntuのディスクイメージを開きます。
イメージ434


すると自動的にUbuntuが起動します。
イメージ432

イメージ433

Screenshot-デスクトップ


今回はUbuntuの起動までを解説しましたが、こちらにはUbuntu以外にもたくさんのLinux OSやその他ディスクイメージが置いてあるので興味のある方は是非試してみてください。

↓1日1回クリックで応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2009/04/09 22:00 ] 便利ツール | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
人気ページランキング
カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ham

ただの暇人です・・・。
PC関連の記事を書いてます。
更新は不定期です。

初めて訪れた方や、相互リンク希望の方は当ブログについてをご覧ください。

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。